PR

【手作りフェルト】節分に!鬼のパンツ(かぼちゃ)の作り方【2月3日】

フェルト
この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

こんにちは。みみねこです。

2月3日は節分ですね♪子どもや赤ちゃんに鬼のコスプレをさせて写真撮影をしてみませんか?
少し大きめの軽いボールやお手玉を使えば、赤ちゃんでも豆まきができて楽しめますよ!

本記事では写真撮影におすすめオニの衣装を作成しましたので、良かったら参考にしてみてください。

材料

基本的な手芸道具(針、はさみ等)は割愛します♪

  • フェルト
    黄:1~2枚(約70cm×60cm)
    黒:お好みで
  • 帽子用ゴム
  • 布用ボンド(グルーガンも可)
みみねこ
みみねこ

黄色フェルトはサイズが90-100まで場合、胸当ても含めて1枚で作れますが、ギリギリなので1~2枚と記載しました。

かぼちゃパンツ作成

フェルトを切る

黄色フェルトをサイズに応じて2枚切ってください。

  • 80-90サイズ
    48×32cm
  • 90-100サイズ
    52×35cm
  • 100-110サイズ
    56×38cm

フェルトを横長にして下画像の黒線のように印をつけます。サイズによって寸法を変えているので注意してくださいね♪

みみねこ
みみねこ

また、重ねてフェルトを切るので印をつけるのは左側だけで大丈夫ですよ♪

80-90サイズ
90-100サイズ
100-110サイズ

半分に折り、印に沿って重ねたフェルトを切ります。

フェルトを広げると、このようになります。
もう一枚も同じように切ります。

縫い合わせる

切った2枚のフェルトを重ね画像の黒線を縫い合わせます

縫い終わったら縫い目を真ん中に持ってきて、股下を縫い合わせます。

みみねこ
みみねこ

縫い合わせるところをクルっとさせ縫い合わせます。

ゴムを通す

足2か所、お腹部分にゴムを通してかぼちゃパンツを完成させます。

ゴムを通すために足とお腹部分のフェルトを1.5cm程度折り返します。

黒枠はゴムを通すので縫わない

折り返した部分を待ち針で固定しながら、ゴムを通せるように縫います

みみねこ
みみねこ

後からゴムを通すので、入れられるように5~8cm程度は縫わないようにしてください。

紐通しでゴムを通していきます。紐通しが無ければ安全ピンでも代用可能です。

みみねこ
みみねこ

私はとても不器用なので、普通の紐通しや安全ピンだと、途中で抜けたりゴムが伸びきったりしてしまったため、今回ダイソーで曲がる紐通しを購入して使ってみました♪

とても使いやすかったです。

ゴムを通した後は、先ほど開けておいた部分を縫います。

3か所紐を通して、裏返したらかぼちゃパンツの完成です♪

あとは黒フェルトを模様の形で切り、ボンドで貼り付けます。
※ フリーハンドで下書きして切っています。

これで完成です♪

完成

子ども(2歳0か月)に着せた様子がこちらです。

鬼のツノ胸当てはこちらのページ作ったものを使いました。

可愛いねと褒めながらだと、上機嫌で写真を撮らせてくれました♪

良かったら作ってみてくださいね!