PR

【手作りクリスマス】100均フェルトでサンタ帽の作り方【ベビー】

フェルト
この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。

こんにちは。みみねこです。

年に一度のクリスマスイベント♪子どもがいる家庭ではお家で過ごす方も多いのではないでしょうか。

おうちクリスマスを盛り上げるために、子どもにクリスマスの衣装を着せて家族でお祝いや写真撮影するのも思い出が残って良いですね!

100均フェルトを使えば安く簡単に衣装を作ることができるので、良かったら作ってみてください♪

今回はサンタの帽子を手作りしました。トナカイの衣装やサンタスタイ等と組み合わせても可愛いですね!少しでも参考になりましたら嬉しいです。

トナカイ衣装の作り方はこちらか下の画像からどうぞ♪

サンタスタイの作り方はこちらか下の画像からどうぞ♪

材料

基本的な手芸道具(針、はさみ等)は割愛します♪

  • フェルト
    赤:40 × 25cm
    白:40 × 25cm

  • 赤、白
  • 布用ボンド or グルーガン
みみねこ
みみねこ

糸(縫う)、ボンド(グルーガン)どちらかでも大丈夫です!
やりやすい作り方でするのがおすすめですよ♪

帽子の型紙を用意

今回はこちらの型紙を使いました。

型紙を個人で使用されること、完成後の作品をブログやSNSに載せることは問題ありません。
ただし、型紙をブログやSNSに載せたり、配布・販売することはお断りさせていただいております。
著作権についてはこちらをご覧ください。

画像を保存して紙に印刷してご利用ください♪

みみねこ
みみねこ

印刷設定には注意してくださいね♪

そのままだとA4用紙に収まらなかったので、扇形は型紙2つ分してフェルトを切ります

寸法は以下の通りになります。これで帽子の内側が50cm程度なので、0~2歳くらいであれば被れます。

みみねこ
みみねこ

黒いゴムを付けて頭に乗せるようにしても可愛いと思います♪

帽子の寸法
ポンポン

ちなみに、「20」の長さを変えることで、帽子の被るところも変わるので調整してみてください。

例:
寸法「20→21」:帽子の内側「52」
寸法「20→22」:帽子の内側「54」
寸法「20→19」:帽子の内側「48」

フェルトを切る

型紙を切ります。

まず、赤フェルトから切っていきます。

まずは扇形の型紙を使って下書きし、そのままずらして型紙2つ分下書きします

下書きしたフェルトを切ります

次に白フェルトを切っていきますが、その前に型紙を切ります

先ほど使った扇形の型紙を線に沿って切り2つに分け、下のと円の型紙を使います。

この型紙を使って下書きします

扇型の下の部品を使って、赤フェルトと同様に2つ繋げるように下書きします。

これでフェルトは用意できました♪

ポンポンを作る

帽子の先についている、ポンポンを作ります。まずは、先ほど切った白フェルトの円を用意します。

白糸で周りを一周縫います

綿を詰め、綿が出ないように糸をぎゅっと引っ張り、穴を縫います

引っ張りすぎると糸が切れるので、注意してください。

もし穴が閉じれないのであれば、穴の大きさに合わせて白フェルトを切り、中に入れ込んでから縫い付けてください。

これでポンポンができました♪

帽子の形を作る

扇形の赤フェルトにバウムクーヘンのような形の白フェルトを乗せ、ボンドでくっつけます。

両端は縫い付けるため、1cm程度開けてくっつけてください。

ボンドが渇いたら、白フェルトを内側にするようにフェルトを半分にし、重なったところを縫い合わせます。

ポンポンをつけるために、上3cmは縫わないようにしてください。

上から3cmのとんがりを切ります

奥側がポンポンの閉じた側になるようにポンポンを奥まで入れます

帽子の先を一周するように帽子とポンポンを縫い付けます

これで完成です♪

完成

完成品を子どもに被せてみました♪

9カ月の娘には少し大きめですが可愛くできたので満足です♪

いかがでしたでしょうか。

隙間時間でやったので乾かす時間を含めていませんが、2、3時間で簡単にできたので良かったら参考にしてみてください♪

少しでも参考になればうれしいです!ここまで読んでいただきありがとうございました。